設計者向けCAE AMPS

設計者向けCAEの普及が芳しくない理由は何でしょうか?
なぜCAEのメリットが多くの企業で出ないのか?
特定の企業では出ているのに、なぜCAEは広まらないのか?
ではCAEの効果とは何なのか?

CAE導入にうまくいった企業の声

  1. 設計段階で必要な強度を確認でき試作・手戻りコストを削減できる
  2. 解析結果を提示しながら顧客に説明することで顧客からの信頼度がアップする
  3. 強度を視覚的に確認できることで若手設計者の早期戦力化ができる

CAE導入または導入前でCAEに失望した企業の声

  1. CAEはわからない用語が多くてむずかしい
  2. 計算できたが結果が合っているかわからない
  3. 試してみたが使い物にならなかった

この差が設計者向けCAE普及の芳しくない理由なのです。
どの企業でも結果が出せるものでなければ誰もが諸手をあげて導入する様にはならないのです。

CAE導入企業のイメージ画像

結果を出せる企業と出せない企業が出る理由

ではなぜこの結果を出せる企業と出せない企業が出るのでしょうか?

これはCAEベンダーが本気で取り組む企業とそうでない企業の差なのです。
特定の企業には特定の取り組みをし、そうでない企業にはそうでない対応をするからです。

しかし設計者向けCAEはちょっとしたコツをつかめば効果をだすことができるものなのです。
我々は多くの企業にCAEの効果を出せる様に"このコツ"を伝授し効果を体験いただきます。
これは我々の設計者むけCAE普及のための宣言です。

BricsCADユーザー様に設計者向けCAE"AMPSDesigner"で貴社特有の問題に対する解決策を提案いたします。
以下に我々が提供する設計者向けCAE"AMPSDesigner"の開発経緯と開発コンセプトを示しましたのでご覧ください。

結果を出せる企業のイメージ画像

AMPS Designerとは

AMPS Designer とは、AMPS Technologiesが開発する設計者向けのCAE(Computer Aided Engineering)です。

開発元であるAMPS Technologiesの歴史について

年代 内容
1994年 インガーソルランドとオーエンズ-コーニングR&Dセンターから資金を得てコンプレッサー設計とモルテングラスのシミュレーションを行うために最先端のFEMを開発することにフォーカスするためにスタートした。
1997年 最新のFEM技術と現代のソフトウェア技術に基づいた発展的なFEMを開発するというメインゴールをもって最初の青写真通り商業用の開発を開始した。
2004年 CAE界から経営陣を招き入れAMPS Technologiesとして組織された。
2005年 この年の後半から世界的に製品リリースを始めた。
2006年 Daratech SUMMIT2006の未来技術会社の一つとして選ばれる。
2017年 アルファテックからBricsCADとインテグレーションする設計者向けCAEとしてリリース開始する。1994年代の最先端のFEMとは非線形や連成解析を指しており、AMPS Designerはその流れを汲んだ製品なのです。

AMPS Designerの開発コンセプト

AMPS Technologies社の"設計者向けCAEのマーケット戦略"としての製品コンセプトはずばり
"解析に関するあらゆる問題を設計者が取り扱えるソウトウェアを提供する"というものであった。
その具体的な内容とは高機能を出来るだけ維持しつつ以下の3点を実現することであった。
  1. BricsCADから直接呼び出して使用できる
  2. アイコンの多用で直感的に使える仕様とする
  3. リーズナブルな価格で多くの設計者様に使っていただく
AMPS Designerのカタログダウンロードはこちらから

AMPS Designerのカタログダウンロードはこちらから(1.5MB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です

ページトップ