BricsCADカンファレンス

〜BricsCAD V20 新機能発表〜

2019.11.27

@東京コンファレンスセンター・品川

参加登録はこちら

2D-3D-BIM CADが業務改善のカギを握る

ものづくりはさらにデジタル化が進んでいます。互換CADとして大幅なコスト削減を実現してきたBricsCADがさらに業務改革をけん引すべく、時代の先手を打つ新機能や最新事例を発表させていただきます。製造・建築・土木など多岐にわたる業界の皆様が自社に活用できる具体的なヒントを得ていただくためにユーザー様の事例なども発表させていただきます。是非ご期待ください。

Outline

名称 BricsCADカンファレンス 〜 BricsCAD V20 新機能発表 〜
会期 2019年11月27日(水) 10:00〜12:50 基調講演・全体セミナー 14:00〜17:00 分科会 17:15〜19:15 懇親会
会場 東京コンファレンスセンター・品川 〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川 3F-5F
アクセス https://www.tokyo-cc.co.jp/shinagawa/#access
主催 図研アルファテック株式会社
参加料金 無料

Timetable

BricsCADカンファレンス2019開催のご案内

BricsCADカンファレンス2019開催のご案内(765.1KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です

午前のセッション(全体セミナー)

9:30

受付開始

10:0010:15

全体セミナー

代表ご挨拶/図研アルファテックからのご提案

代表取締役 吉谷哲

図研アルファテック株式会社

10:1511:15

マイルストーン & BricsCAD V20 新機能

CEO Erik De Keyser / COO Mark Van Den Bergh

Bricsys NV

11:2512:05

【基調講演】ポスト五輪時代の建設業はBIM活用で勝敗が決まる

ポスト五輪時代の建設業が生き残るための鍵は、ズバリ、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)活用にかかっている。その理由は、BIMは建物や構造物、工事現場をデータ化した「デジタルツイン」(電子の双子)としても機能し、人間とロボット・AI(人工知能)との意思疎通ツールとしても機能するからだ。人手不足時代の建設現場は今、ロボットやAIでどう変わりつつあるのかを豊富な国内外の事例で解説する。

建設ITジャーナリスト 家入 龍太様

株式会社イエイリ・ラボ

12:1012:50

ここまでできるBricsCAD。2D,3D,CAE活用事例

4年ほど前に全社CADの更新のためにBricsCADを導入しました。2D,3D機能(Pro)での弊社活用事例とともに、導入のメリット、デメリットをお話いたします。今年度、設計者用CAEのAMPSも導入しました。BricsCADによる解析モデルの作成から、解析周辺に関する内容も解説いたします。

駒 正幸様

株式会社オシキリ 技術部 設計課 課長

午後のセッション(分科会)- 内容は随時更新いたします。

14:0014:40

ルームA

BricsCAD 最新機能デモ

V20の新機能を中心にBricsys社のスタッフがデモを行います。新しいBIMやMechanical機能なども含めてBricsCADでどこまでできるかを是非体感ください。

Bricsys NV

ルームB

マツダのモノづくりのこだわり・BricsCAD活用事例

マツダの生産領域では現在、デザイナーの意図通りの商品をお客様にお届けするため、マスクラフツマンシップ(職人技の量産化)に取り組んでいる。この実現には、意匠面の再現はもちろんだが、その基礎となる、設備、生産ラインの位置精度が重要である。これら設備の設計、また、効率的な生産を実現するためのラインの最適設計には、3DCADと連携の取れる設備CADが不可欠である。

市本 秀則様

マツダ株式会社
生産企画部 主幹

14:4515:25

三次元計測とヴァーチャルリアリティがもたらす近未来

三次元計測技術はレーザースキャナーの安価化とともに、急速に身近なものになり、プラント業界においては、インフラの老朽化に伴うリノベーション案件も増加。図面の無い設備や図面と現状が違う設備に対するアプローチが、案件成功の重要なファクターとなっています。テックスエンジでは、計画~設計~施工~メンテナンスまでの一気通貫で、計測データを有効活用し、エンジニアリング全般に活かす活動を展開。計測データを『使いたおす!』事の重要性と、ヴァーチャルリアリティで展開する事の意味・意義について、実例をもとに御紹介します。また精度の違うUAV・MMS・レーザースキャナー・ハンディスキャナーのデータを一つにして活用を試みた事例も紹介予定。データを『使いまくる!!』事で見える近未来の未来予想図についても発表します。

村山 亨 様

日鉄テックスエンジ株式会社
グループ長

BricsCADで3次元設計ができるか

アドライズは"機械設計"と"CAD教育"を事業としている会社で、3DCADによる3次元設計の技術を強みとしています。 3次元設計は、品質の高い製品データの構築と設計作業の省力化を可能とし、設計の生産性を向上します。 一方で、効率的な3次元設計を行うには、3DCADツールに相応の能力が必要です。 今回、「BricsCADで3次元設計ができるか」について、設計者の視点から他のCADソフトとベンチマークした結果をお伝えします。

牛山 直樹様

株式会社アドライズ 代表取締役

15:3016:15

BricsCADの2D-3D-BIM活用事例

3Dモデリングしたデータを簡単に2D図面化する一連の流れをご紹介します。3Dモデリング、モデリングデータの2D図面化、IFCデータ書き出しという各プロセスをサンプル事例を使いながら解説いたします。

図研アルファテック株式会社

BricsCAD 利用拡大事例

2D CADソフト利用における弊社の課題を解決するために、 BricsCADを標準ソフトとした経緯、普及拡大に対する取組を ご紹介。 また、弊社が目指すプラント設計近代化の項目(3Dモデリング の簡素化、3D⇒2D自動化、3D点群データの活用)を紹介 するとともにBricsCADへの今後の展望を語る。

原 竜彦様

日鉄テックスエンジ株式会社
アシスタントマネージャー

16:2016:50

設計者向けCAE AMPS新verの紹介とユーザ様の本音トーク

新バージョンのAMPSDesigner10の紹介とAMPSDsignerのユーザである株式会社オシキリの駒様にAMPS関する評価できる点と改善すべき点などの本音を話していただきます。設計者CAEというものはどのようにあるべきか設計者としての意見もお伺いします。

石川利光

図研アルファテック株式会社

BricsCADの2D-3D-BIM活用事例

3Dモデリングしたデータを簡単に2D図面化する一連の流れをご紹介します。3Dモデリング、モデリングデータの2D図面化、IFCデータ書き出しという各プロセスをサンプル事例を使いながら解説いたします。

図研アルファテック株式会社

17:1519:15

懇親会

Exhibition

展示企業のご紹介
株式会社デジタル・イーテック様

弊社ではスキャニングデータの最適な社内運用を支援するVP HybridCADシリーズを出展いたします。BricsCADプラグインもしくはWindowスタンドアロン環境で社内図面や支給図面をベースに最良のCAD運用をサポートします。

株式会社アイ・シー・エス様

設計情報管理に必要不可欠なPDMシステムを安価に短期間で導入いただけます。 情報を素早く見つけ出す検索機能やワークフロー、BricsCADと連携した機能を備えており業務改善に繋がります。

株式会社JMUシステムズ様

弊社は長年に渡り、主に大規模構造物(造船、橋梁など)に係る2D、および、3DCADカスタマイズに携わってきた経験を生かし、既存のAutoCADコマンドのBricsCADへの移植、自動作図や帳票作成など各種コマンドの開発を得意としています。

株式会社マイティネット様

EQ-LiteはBricsCADの機能を更に強化。 業種にとらわれない機能(コマンド)が200個以上搭載済。 製造業向け、仕上記号などのJISシンボルやバルーンコマンドは近日中にツールとして提供予定。

株式会社協振技建様

BIM対応設備CAD「MEP Designer PRO」を出展いたします。 効率的な機器配置やダブルクリックオペレーションによる配線・配管作図、編集、自動隠線処理や3次元の自動生成、材料集計など様々な機能を実装しています。

株式会社キャパ様

CAD操作が可能なRPA「Cadropper」の紹介です。 Cadropperは従来のRPAとしての機能はもちろん、一般のRPAツールでは自動化が困難なCADツールの自動化が可能です。プログラミングでロボットを作成するため、より高度な処理を行える特徴があります。

株式会社日立ソリューションズ西日本様

Hi-PerBT Advanced 図面管理 CAD連携オプションのご紹介。 BricsCADと密連携しており、BricsCAD画面より図面の登録を行い管理する事で、検索、参照、出図、改訂、配付 等高度な図面管理が可能となります。

アプライド株式会社様

弊社は、AI/CAD/CAE/HPC  ワークステーション、ハイパフォーマンスコンピューティング(高性能計算)をご提供しているメーカー、商社でございます。2Dや3Dにおける設計、そして高度なモデリングやレンダリングまで、各種CADソフトウェアの使用要件や、 CADユーザーの要望に応えるために、用途、そしてソフトウェア別にハードウェアをラインナップしております。

BricsCADとは

2D-3D-BIMまですべてをdwgでつなげて、この価格!?互換CADだけではもったいない圧倒的コストパフォーマンスを誇るCADプラットフォームです。

「1分でわかるBricsCAD」を是非ご覧ください

ページトップ